公開日: |更新日:

予防保全とは

この記事では、「予防保全」についてまとめています。設備保全の基礎知識として、ぜひ参考にしてください。

予防保全とその他の保全との違い

予防保全とは

「予防保全(Preventive Maintenance)」とは、点検・修理・部品交換などの保全計画を事前に立て、それに則った定期メンテナンスを行う保全方法です。設備全体あるいは部品ごとに耐用年数・回数を定め、それを超えたものを修理したり交換したりします。

予防保全の大きな目的は、「故障のリスクを最小限に抑える」と「設備の寿命を延ばす」です。また同時に、設備の停止をメンテナンス時だけに限定できるため、故障による損失を防ぐことができます。

その他の保全との違い

事後保全

「事後保全」は、設備に不具合や故障などが見られたときに対処する保全方法。定期点検を行う予防保全とは違い、保全費用を抑えることができますが、突発的な故障が発生した際の損失は避けにくいというデメリットもあります。

予知保全

予知保全はIoTやAI技術などを利用し、設備に発生するトラブルを予知する保全方法です。予防保全とは違い、設備の状態を常にモニタリングできることから、部品の在庫や保全人員などを最小限に抑えられます。一方、自社の要件に合うツールなどが選べなければ、保全効果が薄くなってしまいます。コストがかさみがちなのもデメリットです。

予防保全のメリット

生産品質の維持

予防保全では、設備が故障する前に部品あるいは設備全体の修理を行います。設備の稼働効率を維持することができるため、生産品質を維持することが容易になります。

故障による損失の削減

設備を定期的に点検する予防保全では、設備の突発的な故障を防ぐことができます。それにより、故障が原因のダウンタイムや損失を最小限に抑えることが可能です。

社員の意識向上・働き方改革

予防保全では、「事故を防ぐ」という意識をスタッフ間に浸透させやすく、また定期メンテナンスによってエンジニアのスキルアップも図れます。さらに、突発的な故障が防げる体制を構築できることから、急な呼び出しによる休日出勤を減らすことができます。

予防保全のデメリット

定期的な作業の発生

他の保全方法とは違い、予防保全は計画に則った行動を取る必要があるため、定期的な作業が必ず発生します計画外の保全作業が頻繁に発生するような特殊な現場ではデメリットになるかもしれません。

耐用年数・回数の見極めが難しい

設備ができるだけ壊れないようにする予防保全では、設備あるいは部品の耐用年数・回数が正しく見極められてないと、過剰な回数の点検を行ってしまうことになりかねません。そうなると、保全コストが過剰に膨れ上がることにもつながります。予防保全を行なうなら適切な分析ができるシステムの導入が必須と言えそうです。

予防保全がおすすめなのはこんな人

予防保全は、計画的な点検で機械の故障による損失を抑えられる保全方法です。一方で、システムを用いて正しく耐用年数が見極めないと、コストが過剰に発生する可能性もあります。事後保全に比べると、総合的に優れた保全方法だといえるため、まだ事後保全をしている方は、予防保全に切り替えるのがおすすめです。

現場で定着させやすいおすすめ設備保全管理システム
現場・管理・経営の視点から見る!
定着しやすい
設備保全管理システム
おすすめ3選
MENTENA
(メンテナ)
MONiPLAT
(モニプラット)
e-serv
(イーサーブ)

導入から運用までしっかりサポート
してほしい会社におすすめ

MENTENA公式サイトキャプチャー
引用元:MENTENA公式サイト
(https://lp.mentena.biz/)

まずは手軽に
無料から試したい会社におすすめ

 MONiPLAT公式サイトキャプチャー
引用元:MONiPLAT公式サイト
(https://moniplat.com/)

多分野での保全管理業務をサポート
してほしい会社におすすめ

e-serv公式サイトキャプチャー
引用元:e-serv公式サイト
(https://www.yokogawa.co.jp/)
導入費用 月額55,000円(税込)
※年間契約​、10IDまで利用可
無料~ 月額11,000円(税込)
※5ユーザから1年単位の契約
点検チェックシート あり あり 記載なし
サポート体制 CSチームのサポート、
集合研修の開催
サポートデスク(メール・チャット)
専属スタッフによる設定代行
カスタマーサポートセンター
公式HP https://lp.mentena.biz/ MONiPLATの
公式サイトをチェック
MONiPLATの
資料を請求する
e-servの
公式サイトをチェック

資料請求ページなし

【選定条件】「アスピック」の設備保全管理システムページに情報のある12システムを調査(2023年9月6日時点)。
PCやスマートフォン、タブレットなどの「マルチデバイス・アプリ対応」で現場が使いやすく、
「国内開発」でサポートも安心な3つのおすすめ設備保全管理システムをピックアップしました。

現場で定着させやすいおすすめ設備保全管理システム