設備保全管理システム比較メディアHOZTEM » 設備保全システム(CMMS)とは

公開日:|更新日:

設備保全システム(CMMS)とは

工場・プラント・機械・部品・通信施設など、設備の管理と最適化に寄与する設備保全管理システム(CMMS)。幅広い業種で注目され、導入が進んでいます。このページでは「CMMSとは何か」「どのような目的や意義があるのか」といった、CMMSの基礎知識を解説しています。

 

設備保全管理システム
(CMMS)とは

設備保全管理システム(CMMS)とは、工場やプラントなど設備・機器の安定稼働と最適化することを目的に、さまざまな保全情報をデジタル化して一元管理するためのシステムです。

設備・機器の安定稼働を続けるには、定期的なメンテナンスが欠かせません。しかし、メンテナンスを実施すれば生産力が落ちてしまい業績に悪影響を及ぼします。

この点、生産力低下や機会損失を招くことなく効率よくメンテナンスを行い、設備・機器の安定稼働を続けるための管理手法と計画立案をサポートしてくれるシステムが設備保全管理システム(CMMS)です。

設備保全管理システム
(CMMS)でできること

保守情報を一元管理

 

CMMSでは、工場内の機械や施設など保全対象設備の情報(製品名や仕様など)を台帳登録してデータベースを整備し、システムにより可視化できます。保全情報のデジタル化により一元的な管理が可能になるほか、保守が実施された際の状況や実績、故障、評価などデータを呼び出すことも可能です。

保全計画の策定や作成

保全情報の一元管理の実現により、保全対象設備の保全業務の状況把握が可能になり、それを基に最適な保全計画(スケジュール管理)の策定や作成、精度の高い統計分析ができるようになります。保全情報のデジタル化により、作業指示や進捗管理もスムーズです。

保全作業管理、実績管理

CMMSの導入により、保全作業管理や実績管理はデジタル化されます。作業指示の作成や設備状況の記録はもちろん、保全業務の実施状況の記録や照会も正確かつスピーディーに行えるようになります。システム化による効率的な保全計画の策定や保守の実行は、対象設備の予防保全・予測保全も可能とします。

設備保全管理システム
(CMMS)導入メリット

設備の安定稼働を実現する

CMMSの導入がもたらすメリットの一つは、設備の安定稼働を実現できることです。CMMSの導入はムダのない効率的な保守作業を可能とします。故障による生産ラインの停止も最小化。機会損失や生産性を落とすことなく、スピーディーかつ着実なメンテナンスを実施して安定稼働が続けられます。

データの蓄積&分析ができる

CMMSの際立つ特徴の一つは、保全対象設備の情報や保全活動の実施状況、設備の稼働状況、メンテナンス実績など、さまざまな保全情報をデータベース化して蓄積、それを基に分析ができることです。こうしたデータの蓄積と分析は、保守現場が目指すべき予防保全や予測保全の実現を促します。

脱属人化&省力化

従来の設備保全現場では、デジタル化やシステム化が進んでいなかったため、現場スタッフの経験や勘に依存するなど属人的な仕方で非効率に管理業務が行われていました。CMMSを導入して保全情報をデジタル化&システム化すれば、脱属人化と省力化を実現することができます。

CMMSとEAMの違いとは

CMMSとEAMはよく似たシステムですが、開発目的とアプローチの仕方、搭載機能、接続性と連携性の点で違いがあります。CMMSは設備保全業務の管理をスマート化するシステム。EAMは設備の維持・管理に加えてライフサイクル全体をサポートするシステムです。

CMMSとEAMの違いを
詳しく見る

設備保全管理システムにおける
クラウドとオンプレミスの違い

クラウドとオンプレミスの違いは初期費用・導入期間・拡張性にあります。クラウドタイプはオンプレミスと比べて、「初期費用が安い」「導入期間が短い」「拡張性が高い」のがメリット。デメリットは、カスタマイズ性が低い、使用量が増えた場合はコストが高いことです。メリットがデメリットを上回る場合はクラウドタイプが向いています。

設備保全管理システムの
クラウド型・オンプレミス型の
違いを詳しく見る

現場で定着させやすいおすすめ設備保全管理システム
現場・管理・経営の視点から見る!
定着しやすい
設備保全管理システム
おすすめ3選
MENTENA
(メンテナ)
MONiPLAT
(モニプラット)
e-serv
(イーサーブ)

導入から運用までしっかりサポート
してほしい会社におすすめ

MENTENA公式サイトキャプチャー
引用元:MENTENA公式サイト
(https://lp.mentena.biz/)

まずは手軽に
無料から試したい会社におすすめ

 MONiPLAT公式サイトキャプチャー
引用元:MONiPLAT公式サイト
(https://moniplat.com/)

多分野での保全管理業務をサポート
してほしい会社におすすめ

e-serv公式サイトキャプチャー
引用元:e-serv公式サイト
(https://www.yokogawa.co.jp/)
導入費用 月額55,000円(税込)
※年間契約​、10IDまで利用可
無料~ 月額11,000円(税込)
※5ユーザから1年単位の契約
点検チェックシート あり あり 記載なし
サポート体制 CSチームのサポート、
集合研修の開催
サポートデスク(メール・チャット)
専属スタッフによる設定代行
カスタマーサポートセンター
公式HP https://lp.mentena.biz/ MONiPLATの
公式サイトをチェック
MONiPLATの
資料を請求する
e-servの
公式サイトをチェック

資料請求ページなし

【選定条件】「アスピック」の設備保全管理システムページに情報のある12システムを調査(2023年9月6日時点)。
PCやスマートフォン、タブレットなどの「マルチデバイス・アプリ対応」で現場が使いやすく、
「国内開発」でサポートも安心な3つのおすすめ設備保全管理システムをピックアップしました。

現場で定着させやすいおすすめ設備保全管理システム