公開日: |更新日:

CMMSとEAMの違いとは

「CMMS(設備保全管理システム)」と「EAM(設備資産管理システム)」は、ともに設備資産の保全業務に関わるシステムです。共通点が多い一方、内容や特徴が異なるところもあります。CMMSとEAMの違いについてまとめました。

 

CMMSの特徴

CMMSは「設備保全管理システム」と訳される、設備・機器の保全業務をシステム化するためのもの。システムには台帳管理をはじめ、保全管理、故障履歴管理、予備品管理、メンテナンス管理などの機能が搭載され、全ての保全情報をデジタル化したうえで一元管理し、保全管理業務をシステム化、自動化することができます。

 

EAMの特徴

EAMはエンタープライズ・アセット・マネジメントの略語で、日本語では「設備資産管理」と訳されます。EAMにはCMMSに備わる設備保全管理のための機能に加えて、在庫・購買管理、予算・コスト管理などの機能を兼ね備えているのが一般的です。対象設備の維持・管理のみならず、資産としての設備の取得から運用、処分・廃棄まで一連のライフサイクル全体を管理が可能。EAMの機能を備えていても、システム自体の目的が「設備保全と維持管理」であればCMMSと呼称される場合があります

 

CMMSとEAMの違い

CMMSとEAMの違いのポイントには以下のようなものがあります。

システムの目的とアプローチ

 

CMMSとEAMでは、システムが開発された目的とアプローチの仕方が異なります。CMMSは設備管理システムであり、設備保全と維持管理、それによる機器や施設の安定稼働と長寿命化が主な目的。それに対して、EAMの目的は設備資産管理。資産としての設備や機器を管理するシステムです。設備資産の取得、設置、運用、廃棄、交換に至るまでのライフサイクル全体をサポートを目指します。

搭載機能の多さ

 

CMMSとEAMでは、システムの搭載機能の規模にも違いがあります。一般的なCMMSには設備台帳管理や保全履歴管理、故障履歴管理など設備保全に必要な機能が搭載されています。EAMにはこれらの機能に加えて、在庫管理、購買管理、予算管理、コスト管理などの機能も搭載。ライフサイクル全体の管理を実現するための設計になっています。搭載機能の数ではEAMがCMMSを上まわることが多いですが、あくまで自社の目的に合わせて選択すべきです。

接続性や連携性

 

CMMSとEAMでは他のサイトやシステムとの接続性や連携性においても違いがあります。一般的にEAMはCMMSより接続性や連携性が高いシステム。設備資産のライフサイクル全体を管理する目的のために、多くの別サイト・別システムと連携させる必要があるためです。

まとめ

CMMSとEAMはそれぞれの目的に合わせた設計思想で作られています。「どちらがより高機能か」といった基準で見るのではなく、自社の課題と目的に即したシステムを選ぶのが大切です。このサイトでは設備保全管理業務を効率化してくれるCMMSを多数紹介しています。設備保全管理のシステム化を検討中の方は参考にしてください。

現場で定着させやすいおすすめ設備保全管理システム
現場・管理・経営の視点から見る!
定着しやすい
設備保全管理システム
おすすめ3選
MENTENA
(メンテナ)
MONiPLAT
(モニプラット)
e-serv
(イーサーブ)

導入から運用までしっかりサポート
してほしい会社におすすめ

MENTENA公式サイトキャプチャー
引用元:MENTENA公式サイト
(https://lp.mentena.biz/)

まずは手軽に
無料から試したい会社におすすめ

 MONiPLAT公式サイトキャプチャー
引用元:MONiPLAT公式サイト
(https://moniplat.com/)

多分野での保全管理業務をサポート
してほしい会社におすすめ

e-serv公式サイトキャプチャー
引用元:e-serv公式サイト
(https://www.yokogawa.co.jp/)
導入費用 月額55,000円(税込)
※年間契約​、10IDまで利用可
無料~ 月額11,000円(税込)
※5ユーザから1年単位の契約
点検チェックシート あり あり 記載なし
サポート体制 CSチームのサポート、
集合研修の開催
サポートデスク(メール・チャット)
専属スタッフによる設定代行
カスタマーサポートセンター
公式HP https://lp.mentena.biz/ MONiPLATの
公式サイトをチェック
MONiPLATの
資料を請求する
e-servの
公式サイトをチェック

資料請求ページなし

【選定条件】「アスピック」の設備保全管理システムページに情報のある12システムを調査(2023年9月6日時点)。
PCやスマートフォン、タブレットなどの「マルチデバイス・アプリ対応」で現場が使いやすく、
「国内開発」でサポートも安心な3つのおすすめ設備保全管理システムをピックアップしました。

現場で定着させやすいおすすめ設備保全管理システム