公開日: |更新日:

SUKKHA(BPM株式会社)

BPM株式会社が提供している設備保全管理システム「SUKKHA」について、特徴や性能、導入された事例などを紹介していきます。

SUKKHAの特徴

価格

プラン
  • 公式ホームページに記載なし
初期費用 公式ホームページに記載なし
月額利用料
  • 公式ホームページに記載なし

機能

設備状況の可視化

SUKKHAは、現場で稼働する設備が正常に稼働しているか、危険や異常などはないか、誰でもどこでも確認することができるシステムです。常時監視や定期監視する必要がなく、現場の管理を効率化し時間を大幅に削減します。

製造現場はもちろん、食品工場や化学工場、印刷業界、建築業界など、あらゆる業界の設備点検に役立つシステムです。

問題解決の自動化

SUKKHAは、設備の異常やトラブルを学習し、解決するためのアクションを指示してくれます。例えば、設備のトラブルで緊急停止した場合、工場内に警報を鳴らすシステムを搭載。管理者に通知してくれます。

また、設備の故障が直せない場合、修理依頼の要請を自動で行います。修理部品の自動発注なども可能です。

現場と経営両方の視点から活用

日々の設備管理が目的で活用したい現場と、改善の結果を可視化したい管理者、両方の視点から利用できる情報提供の役割を担うシステムです。

管理者はシステム上で現場を把握することで、戦略の決定として活用。現場は改善の成果を管理者に数字で伝えることが可能です。

点検結果・監視情報を自動でデータ化

設備の点検結果、監視情報を自動でデータ化してくれます。エア圧の確認や有効期限、異音の確認などをいつでも確認できることで、点検漏れと転記の手間を防ぐことが可能です。

データ容量・対応デバイスの制限なし

SUKKHAのシステムを使用するにあたり、データ容量の制限はありません。使用容量による料金、プランの変動もなく利用することができます。

また、システムはブラウザ上で稼働するためパソコン・スマートフォン・タブレット、どの端末でも利用可能です。機種やOSの制限もありません。

フリートライアルを提供

SUKKHAを正式に採用する前に、フリートライアルとして3ヶ月無料で試すことができます。操作性やシステムなど、使用感を試してから導入の検討が可能です。

サポート体制

公式ホームページに記載なし

そもそも設備保全システム(CMMS)とは?
できることと導入メリットを解説

SUKKHAの導入事例

公式ホームページに記載なし

SUKKHAの定着に向けた取り組み

3ヶ月間無料のフリートライアルを用意しているため、企業が検討してから導入しやすい環境を整えています。また、端末やOSの制限がなくブラウザ上で稼働するため、環境を問わずシステムを導入することが可能です。

利便性とサポートで選ぶ!
おすすめ設備保全管理システムをチェック

会社概要

  • 製造元会社名:BPM株式会社
  • 所在地:東京都千代田区岩本町2-5-6 SANYO BLDG 5F
  • 公式hP:https://bpm-gr.co.jp/
現場で定着させやすいおすすめ設備保全管理システム
現場・管理・経営の視点から見る!
定着しやすい
設備保全管理システム
おすすめ3選
MENTENA
(メンテナ)
MONiPLAT
(モニプラット)
e-serv
(イーサーブ)

導入から運用までしっかりサポート
してほしい会社におすすめ

MENTENA公式サイトキャプチャー
引用元:MENTENA公式サイト
(https://lp.mentena.biz/)

まずは手軽に
無料から試したい会社におすすめ

 MONiPLAT公式サイトキャプチャー
引用元:MONiPLAT公式サイト
(https://moniplat.com/)

多分野での保全管理業務をサポート
してほしい会社におすすめ

e-serv公式サイトキャプチャー
引用元:e-serv公式サイト
(https://www.yokogawa.co.jp/)
導入費用 月額55,000円(税込)
※年間契約​、10IDまで利用可
無料~ 月額11,000円(税込)
※5ユーザから1年単位の契約
点検チェックシート あり あり 記載なし
サポート体制 CSチームのサポート、
集合研修の開催
サポートデスク(メール・チャット)
専属スタッフによる設定代行
カスタマーサポートセンター
公式HP https://lp.mentena.biz/ MONiPLATの
公式サイトをチェック
MONiPLATの
資料を請求する
e-servの
公式サイトをチェック

資料請求ページなし

【選定条件】「アスピック」の設備保全管理システムページに情報のある12システムを調査(2023年9月6日時点)。
PCやスマートフォン、タブレットなどの「マルチデバイス・アプリ対応」で現場が使いやすく、
「国内開発」でサポートも安心な3つのおすすめ設備保全管理システムをピックアップしました。

現場で定着させやすいおすすめ設備保全管理システム